保険見直しの前に!そもそも保険をどこまで把握していますか? - 保険見直しの前に!そもそも保険をどこまで把握していますか?

保険見直しの前に!そもそも保険をどこまで把握していますか?

「保険見直しはいかがでしょうか?」保険加入している人はこのような声をかけられたことも多いと思います。 しかし営業さんの話を聞く前に、自分がどこまで保険についての知識を持っているか否かであなたに適した保険を選択できるかどうかが決まってきます。 今回は保険とはそもそも何なのか?この基本的な疑問に迫ります。どのような保険であっても、保険の基本的な役割は変わりません。 「多くの人が保険料を出し合い、いざという時をフォローし合う」といったものです。生命保険、自動車保険、火災保険などなど種類は豊富なれど、 この基本概念は同じなのです。もちろん健康保険などの社会保険制度も例外ではありません。

 

保険は確率論の大数の法則に基づくシステムで、古くは古代ローマや中世ヨーロッパなどでも保険に近い制度があったといわれています。 現在の保険契約において、定期的に保険料を支払う側を保険契約者、万が一の時に保険金を支払う側を保険者と呼びます。 保険会社は全てこの保険者に当たり、保険業法によって規制されています。共済団体が行う共済も保険の一つです。 共済は協同組合や共済組合などの団体が扱うので区別されますが、基本は同じですよね?日本では商法で保険に関して定められていましたが、 2008年に独立した単行法として保険法が公布されました。保険業法と混同されがちですが、保険業法が保険会社の保険募集などを規定するものであるのに対し、 保険法は保険の内容を規定するものといった明確な違いがあります。

 

【保険見直し相談お役立ちサイト】
保険の見直しをする際には信頼できる会社に相談することが重要です。こちらは保険の相談ができる会社をまとめているサイトです・・・保険 相談