最新登録店舗

カテゴリ:


シナモンといえば、カプチーノやアップルパイ、シナモンロールなどを連想する方も多いでしょう。実際シナモンを使ったお菓子は、わたしたちの身の回りにあふれています。

しかしシナモンは単にお菓子やお料理の香り付けに使われるだけではありません。シナモンをハーブティーにして飲むことによって、主に以下の効能が期待できます。

血行促進・鎮静・消化不良・殺菌・解熱・鎮痛・風邪の諸症状・下痢・吐き気など

また近年では、シナモンに体内のインシュリンを活性化させ、血糖値を下げる効果があることが発見され、糖尿病の治療において注目を集めています。

このような効能のあるシナモンではありますが、子宮収縮作用もあるため、妊娠中の方の摂取は避けるべきでしょう。

カモミールはハーブティーに使われるハーブの中でも、特にポピュラーなものです。ファミリーレストランなどの「ドリンクバー」でも、カモミールティーはよく見かけます。しかしカモミールの実力を知っている人は、案内少ないのではないでしょうか?


カモミールティーは、特に味にクセのないジャーマン種のものがオススメです。カモミールティーはただ飲むだけでもリラックスできるものすが、カモミールの効能を知っていれば、生活の中でより有効活用できるでしょう。


カモミールティーの主な効能としては、ストレスや緊張などの精神面に対するものと、風邪(初期症状)、疲労、不眠、消化不良などといった肉体面の対するものの双方があります。また特に女性においては、月経痛や更年期障害の緩和などにも役立ちます。カモミールティーは医薬品ではありませんが、何より心の緊張をほぐしてくれるので、人体に備わっている自然の治癒力を引き出すお手伝いをしてくれることが期待できます。

ハーブティーは乾燥させたハーブをお湯などで煮出してからお茶として飲むものであり、ヨーロッパでは昔から常飲されてきたものである。

ハーブティーでは各ハーブの香りや色、味などを楽しむことができ、更にリラックス効果をも得られることから、女性の間では特に注目されている。

ハーブティーの香りは脳を適度に刺激し、精神的に心地よさを与えてくれる働きを持っている。

ハーブティーでは単品で一つのハーブをチョイスするのもいいが、何種類からのハーブをブレンドして飲用しても、かなりの相乗効果を得ることができる。

また、ハーブティーを飲む際には砂糖を入れるのではなく、レモンや蜂蜜などを入れて飲む方がいいとされている。

ハーブティーの選び方としては、自分の好みの香りや味を選ぶのが一番いいそうだ。